メニューを開く

column コラム

COLUMN コラム

2015/01/12

今年の刺激策は魅力的!?

平成27年の住宅に係わる国のバックアップ体制には、結構、力が入っています。
ここでは、まだ確定ではありませんので簡単にご紹介します。
これは、まもなく国会で可決されることになると思います。

27年1月9日、政府は平成26年度の補正予算を可決しました。
その予算枠に、「住宅版エコポイント」の復活と「フラット35の優遇金利枠の拡大」が盛り込まれています。

■住宅版エコポイント

この制度は、一定の基準をクリアーする省エネ住宅等を新築(リフォームもあり)する方に、30万ポイント(30万円相当)を与えるもので、その取得したポイントは工事中の追加工事部分に充当したり、地域の特産品や商品券に交換できるものです。

こちらの予算枠は、805億円です。
「平成26年12月27日以降に工事契約を締結し、平成28年3月末までに着工すること」という条件もありますが、予算枠に達し次第に打ち切られます。ご注意を・・・

フラット35Sの優遇金利幅の拡大

現在の優遇金利幅はマイナス0.3%ですが、これをマイナス0.6%へと倍増するものです。
これは、結構、凄いです。

平成27年1月現在のフラット35(返済期間21年以上の場合)の適用金利は1.47%(全国の最多金利)です。
現在、6ヵ月間も過去最低金利を更新中です。(ただし、お申し込み時ではなく融資実行時の金利が適用されます。)

仮に、フラット35の適用金利が1.47%で、ローン控除(年末残高×1.0%分を10年間税額控除)の枠をすべて使い切れる条件だった場合、マイナス0.13%分(適用金利1.47%-優遇金利0.6%-ローン控除1.0%)の利息が10年間付くことと同等になります。

また、ローン控除の期間終了後の11年目以降も、ずっと固定金利ですから安心感を持たれる方も多いと思います。これは、なかなか魅力的だと思いませんか?

お電話でも来場予約・ご相談など受けつけております。お電話の際は「ホームページを見たのですが・・・」とお知らせください。お電話でも来場予約・ご相談など受けつけております。お電話の際は「ホームページを見たのですが・・・」とお知らせください。

実際に体験してみたい!モデルハウス来場予約 実際に体験してみたい!モデルハウス来場予約

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 株式会社モコハウス(MOCO HOUSE).
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.