メニューを開く

CONTRUCTION 設計・構造

FREEDOM

自由設計をより自由に
自由と安心を兼ね備えた構造

モコハウスの建てる家は高水準の断熱・気密性だからこそ、室内の壁や扉、天井を設けず、小屋裏を含む広々とした自由な空間設計が可能です。壁や扉はあくまでもプライバシーのためだけに。自由設計を、より自由に。

空間の広がりを支えるために、全ての住まいで許容応力度計算による構造設計を実施しております。これにより、強度の高さも実現しており、安心・安全な住まいづくりをご提案することが可能です。

家族を守るための
優れた構造設計を考える

良い住宅建築とは何かを考えた時に、モコハウスが出した答えは
デザイン・性能・素材の3つ、プラス堅固さでした。

美しさはデザインや住みやすさを考えた設計、快適さは高気密・高断熱などの性能や素材、堅固さは優れた構造設計による自然災害に強い設計だと私たちは考えています。美しさや快適さは当然のことながら、堅固さについても高次元の性能を意識した家づくりを行っております。

APPROACH堅固さを高める取り組み

許容応力度設計を全棟行っています

モコハウスではそれぞれの建築計画に適応した許容応力度による構造設計を行うことで、安全な住まいをご提供しております。ビルなどを建築する際に使用する構造計算を取り入れることで、住宅建築として見た時に、非常に強い家となります。これらの構造設計から、モコハウスでは地震や台風、雪に強い家をご提案できるのです。

耐震等級3以上の安全性を
実現しています

近年、地震や台風の倒壊に備え、安全な構造設計が求められるようになってきました。モコハウスでは、許容応力度設計を行うことで、耐震等級についても高い性能を実現しています。耐震等級と呼ばれるものは1から3までのランクに分かれており、モコハウスでは最上位の耐震等級3以上を標準設定し、さらに減震工法を標準採用。どの住まいも安全で安心できる家をご提供させて頂いております。

耐震等級のランク

より高い安心を求めて、
減震工法を標準採用

構造計算や耐震等級の基準をクリアする以外にも、より高い安心を求めて減震工法(震度7を震度4程度へ減震)を標準採用としています。
減震工法とは地震エネルギーを小さくする摩擦減震により、木造家屋の倒壊を防ぐ建築金物で、「UFO-E」と呼ばれています。

阪神淡路大震災クラスの大型地震を半分程度にまで減震する性能と、
基礎と建物の土台を絶縁する工法ながら免震構造と比較してもコストが大きく抑えられるというメリットがあり、
きっと満足していただける家づくりが可能です。

構造計算や耐震等級の基準をクリアする以外にも、減震工法の導入を選択いただくことも可能です。

減震工法とは地震エネルギーを小さくする摩擦減震により、木造家屋の倒壊を防ぐ建築金物で、「UFO-E」と呼ばれています。

阪神淡路大震災クラスの大型地震を半分にまで減震する性能と、免震構造や制震構造と比較してもコストが抑えられるというメリットがあり、きっと満足していただける家づくりが可能です。

HOUSE BUILDING

安心して暮らせる家づくり

近年の家づくりにおいて、高性能や高品質ということは当たり前となってきました。設計や構造に関しても同じで、耐震等級を耳にすることも増えてきております。しかし、2階建ての住宅建築の構造計算は義務化されておらず、行っていないか、簡易的な計算しかしていない会社も多く存在します。

モコハウスでは、デザインも、素材も、性能も、決して妥協することはありません。妥協することが出来ない、とお伝えしてもいいかもしれません。住む人にとって、最高の満足と揺るぎない安心をお届けするために、これからも新しい技術を追求し、より良いご提案を致します。

構造計算による安心が、あなたの満足を確実なものにします。

安全な家だからこそ、理想の暮らしを実現できます。

モコハウスはそんな暮らしを心を込めてご提供させていただきます。

  • DESIGN デザイン
  • PARFORMANCE 住宅性能
  • MATERIAL 素材
  • ARCHITECT 建築家

お電話でも来場予約・ご相談など受けつけております。お電話の際は「ホームページを見たのですが・・・」とお知らせください。お電話でも来場予約・ご相談など受けつけております。お電話の際は「ホームページを見たのですが・・・」とお知らせください。

実際に体験してみたい!モデルハウス来場予約 実際に体験してみたい!モデルハウス来場予約

ページの先頭へ戻る

Copyright© 2019 株式会社モコハウス(MOCO HOUSE).
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.