外観デザインのバリエーションと構造タイプをご紹介いたします。

img98.gifモコハウスのデザインと構造はすべてお客様のご希望による、自由設計となっています。しかし基本的なデザインの流れと構造のタイプは、大きく次のように分けることが出来ます。

また、構造タイプについてはモコハウスの特徴を活かした「小屋裏」利用の構造タイプもご提案しています。

オリジナリティ溢れる外観と高性能で機能性のある構造

以下のデザインバリエーションは、モコハウスの特徴を活かしたスタイルのご提案と捉えてください。一方では、お客様のデザインやプランに対するご要望等を具現化することも大切だと考えています。
オリジナリティ溢れる外観に、高性能で機能性のある構造を採用することにより、立体的にも開放感豊かな住まいをご提案いたします。

 

設計及びデザインのキーワードは 「モダン」&「オリジナリティ」

デザインコンセプトは 「シンプル&モダン」の持つ普遍的な美しさ

間取りのアイデアはもとより室内環境、素材なども含めトータルな面でもこれからの新しいスタンダードとなるような、先を見越した提案を心掛けています。

心と身体をリラックスさせ、ストレスなく暮らしがエンジョイでき、そして家族が健康になる。これらの考えも基本に、モコハウスでは下記のようなデザインバリエーションをご用意いたしております。

ナチュラルデザイン
トラディショナルデザイン
モダンスウェーデンデザイン
シンプルモダンデザイン

モコハウスには工法上の工夫による、3つの構造タイプがあります。

住宅計画においては建築計画の理論上、平屋が理想とされています。

しかし、理想は理想として、生活に必要な全ての部屋を1階に計画するとなると、敷地の大きさ不足、1階床面積増大による建築コストのアップ等で、実現がなかなか難しいというのが現実でした。(図1参照)

そこで、モコハウスでは圧倒的な断熱気密性能と外断熱工法の利点を利用して、また屋根の形状を片流れとすることにより、従来はデッドスペースであった小屋裏(屋根裏)を最大限に有効利用することを考えました。(図2参照)

つまり、本来はデッドスペースであった小屋裏に子供部屋や収納部屋、書斎や趣味の部屋、ときには来客時の宿泊等、多目的に利用できるスペースを設置することにより、1階部分ではゆったりとした平面計画を維持しながらも、敷地面積不足やコスト低減に対応するアイデアを考えました。

これは、小さな子供さんのおられるご家庭から熟年夫婦のお住まいに至るまで、アイデア次第でゆったりとした1階の平面計画を実現し、その他のことにも応用ができる構造スタイルといえます。

type1.gif

2階建ての場合もタイプ1と同じく、もちろん小屋裏の有効利用が可能です。

従来の2階建てに比べて小屋裏を上手く利用することにより、ゆとりのある平面計画が可能となります。

type2.gif

狭小地に適した3階建タイプも可能です。勿論小屋裏利用も可能です。

type3.gif

 
 
 
 
 
page top